2014年08月20日

JenkinsからEMLauncherにアプリをアップロード

iOS担当の田中です。

弊社ではiOSやAndroidのアプリの配布にEMLauncherを導入しています。
プロジェクトの管理をJenkinsとgitを使用して行っている場合、特定のブランチに変更があると自動でビルドを行いEMLauncherへアップしてくれるとかなり便利です。
そこでJenkinsからEMLauncherへアプリをアップロードする流れを簡単に紹介したいと思います。
Xcodeを使用するのでMacにJenkinsをインストールしています。
今回はすでに何かしらのジョブが作成されている状態から説明します。


EMLauncher Jenkins PluginをJenkinsにインストールする


https://github.com/KLab/emlauncher-jenkins-plugin

まずこちらからJenkinsにプラグインをインストールするのに必要なプロジェクトを取得しビルドを行います。
ビルドするのにMavenが必要なので、入っていない場合はMavenをインストールします。

プロジェクトのルートディレクトリで以下のコマンドを打ちます。
$ mvn package

Jenkinsにインストールするために必要なファイル EMLauncher.hpi がtargetディレクトリに生成されますので、次にこれを使用してJenkins側でプラグインのインストールを行います。

Jenkinsのトップ画面から
Jenkinsの管理 > プラグインの管理 > 高度な設定 > プラグインのアップロード

ここで先ほど生成したEMLauncher.hpiを選択しインストールを行います。
これでプラグインのインストールは完了です。


ジョブ設定


ジョブの設定の前にEMLauncherのApplicationの情報を登録します。
ここは対象のアプリ毎に登録を行います。

Jenkinsの管理 > システムの設定 > EMLauncher

tanaka08201.jpg

次にジョブの設定を行います。

tanaka08202.jpg

Host Token Pairでさきほど設定した名前を選択します。
もしそれぞれのOSでIPA/APKファイルを書き出す設定をしていなければそちらの設定を行う必要があります。
Titleにはアップロード後に表示されるタイトルにジョブの名前とジョブの番号が表示されるようにしています。

以上で設定完了です。

ポーリングを設定していればpushすればあとは自動で更新してくれるのでかなり便利ですね。
自動化できるところは極力自動化して作業の手間をなくしていきたいところです。
posted by Seesaa京都スタッフ at 18:33| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: