2015年10月01日

Xcodeで行うUIテスト

iOS担当のエモトです.

今回は約3ヶ月前に公開したテストに関する記事の続きになります.前回において,User Interface Testing / Recording のことに触れましたが,当時はXcode7がbetaだったので控えましたが,ついに問題なく書ける日がやってきました.

UIテストを使ってみる

使い方は非常に簡単です.シミュレーターを起動して,赤い丸ボタンの録画ボタンを押して,実際のUI操作を録画するだけです.
uiteest.png

そして,そのテストコードを動かせば,録画された動作を自動で行います.XCTAssertを組み合わせれば,画面操作して得られた結果を判定することもできます.簡単な操作でUIテストが行えるのでとても魅力です,しかし,問題として,まだ非同期テストには対応していませんので,万能ではありません.使用する場所は限られますが,標準でUIテストをサポートしてくれたのはうれしいことですね.
posted by Seesaa京都スタッフ at 12:00| Comment(0) | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: