2017年05月31日

[iOS] macOS SierraとXcode 7.3.1でクラッシュする

iOS担当のエモトです.GPD Pocket用の液晶フィルムが届きましたが,本体はまだ発送されていません.いつ届くのでしょうかね.クラウドファンディング自体初めてなのでそわそわしています.

弊社は受託開発を行っているため,少し前の Xcode を使って開発することがあります.先日,macOS Sierra で Xcode 7.3.1 を使用中に Xcode が必ずクラッシュするという状態に陥りました.開発中にアプリをクラッシュさせることはありますが,開発環境のXcode自体がクラッシュするのはなり焦りました.

xcode-bug-0.png

クラッシュするようになってから,その直近で行った作業をいろいろ検証したところ,Run Scriptの編集に原因がありました.macOS Sierra で Xcode 7.3.1 をお使いであれば,以下の方法で再現することができます.もし同症状の方がいらしたら,参考になれば幸いです.

1. Run Scriptを追加する
TARGETS -> Build Phases -> New Run Script Phase

2. 横三角ボタン(▶︎)で一度でも展開した(▼)後に他の画面に遷移するとクラッシュ.閉じたまま(一度も展開していない)ではクラッシュしない

xcode-bug-4.png


stackoverflow で漁ってみると,Sierra Betaから 7.3.1 との相性は良くない ようです.最も有効な対応策としては,同サイトでも言われるように Xcode 8.0 以上の最新版を使うことでしょう.どうしても環境を新しくできないのであれば,クラッシュ覚悟で展開後に一気に script を書くことでしょうか.賢くないですね.

また,macOS Sierra で Xcode 7.3.1 はファイル追加のフォームの崩れが起こるので,一刻も開発環境を更新するのが望ましいです.

xcode-bug-2.png


posted by Seesaa京都スタッフ at 15:35| Comment(0) | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: