2015年10月30日

[iOS] FastlaneでゴニョゴニョしてからEMLauncherにアップする

iOSアプリ開発担当の加島です。最近のリズムゲームアプリはすごいですね!(3Dアニメとか)ただ、私は現実のコインを使わないことにしています。今のところ。
さて、今回は巷で話題(となってから少し時間が経ちましたがここ最近僕の中で話題)のFastlaneを使ってみました。基本的な使い方は公式ガイドである以下をご参照ください。

iOSアプリの継続的デリバリーに便利なfastlaneのご紹介 - Qiita
http://qiita.com/gin0606/items/162d756dfda7b84e97d4

iOSアプリのリリースフロー自動化ツールfastlaneのmeetupに通訳で参加しました - Mercari Engineering
http://tech.mercari.com/entry/2015/07/13/143000

このFastlaneのビルドツールであるgymですが、直接ビルド設定を指定することができるようになっています。例えばlane内で

gym(
scheme: 'Dev',
configuration: 'Debug',
)

と指定すれば、DevSchemeのDebugConfigurationでビルドしてくれます!

以下、奮闘の記録です。

続きを読む
posted by Seesaa京都スタッフ at 00:00| Comment(0) | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

[Android]Robolectricを使ったテスト用ファイル読み込み

主にAndroidアプリ開発をしている外山です。

Androidのユニットテスト時にテスト用のファイルを読み込む方法について調べてみました。


事前準備

ライブラリ追加

今回はRobolectric 3.0を使用する
testCompile "org.robolectric:robolectric:3.0"

Testファイル

Testを記述するためのクラスを作成
ExampleUnitTest.java
@RunWith(CustomRobolectricGradleTestRunner.class)
@Config(constants = BuildConfig.class, sdk = 21)
public class ExampleUnitTest {

	// InputStreamをStringへ変換するためのメソッド
	private static String streamToString(InputStream is) {
        ByteArrayOutputStream baos = new ByteArrayOutputStream();
        byte[] buf = new byte[2048];
        int size;
        try {
            while ((size = is.read(buf)) != -1) {
                baos.write(buf, 0, size);
            }
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        } finally {
            if (is != null) {
                try {
                    is.close();
                } catch (IOException e) {
                    e.printStackTrace();
                }
            }
        }

        return new String(baos.toByteArray());
    }
}

assetsディレクトリを使う方法

デフォルトではユニットテスト時にはtest/assetsディレクトリが使われないのでassetsディレクトリのパスを指定することでテスト用のファイルを使用するように変更します

CustomRobolectricGradleTestRunner.javaを作成しgetAppManifest内でassetsのパスを指定する

public class CustomRobolectricGradleTestRunner extends RobolectricGradleTestRunner {
    public CustomRobolectricGradleTestRunner(Class klass) throws InitializationError {
        super(klass);
    }

    @Override
    protected AndroidManifest getAppManifest(Config config) {
        String buildVariant = (BuildConfig.FLAVOR.isEmpty() ? "" : BuildConfig.FLAVOR + "/") 
	        + BuildConfig.BUILD_TYPE;
        return new AndroidManifest(
                Fs.fileFromPath("src/main/AndroidManifest.xml"),
                Fs.fileFromPath("build/intermediates/res/" + buildVariant),
                Fs.fileFromPath("src/test/assets")
        );
    }
}

テスト

ExampleUnitTest.javaに以下を追加して読み込みができているかをチェックすると無事テストが成功しています

@Test
public void readFileFromAssets() throws IOException {
	InputStream is = RuntimeEnvironment.application.getAssets().open("assets_hello.txt");
	String text = streamToString(is);
	assertThat(text, is(equalTo("hello assets")));
}

resourcesディレクトリを使う方法

app/src/test/resources/resources_hello.txtにファイルを作成しておきます

resourcesディレクトリ内に作成したファイルから文字列を取得する場合は以下のようにします

プログラム

ExampleUnitTest.javaに以下を追加して読み込みができているかをチェックすると無事テストが成功しています
@Test 
public void readFileFromResources() {
	InputStream is = getClass().getResourceAsStream("/resources_hello.txt");
	String text = streamToString(is);
	assertThat(text, is(equalTo("hello resources")));
}

getClass().getResourceAsStream(path)を使用することでresourcesディレクトリ内のファイルへアクセスするためのInputStreamを取得することができます


まとめ

APIサーバーからのレスポンスをモックする際などコードに文字列を埋め込むのはつらいものがあるのでファイルから読み込めるというのはとても便利なのでテスト用に長い文字列を使いたい時などは使っていきたいですね。 今回はファイルから文字列を取得しましたが画像の読み込みなどももちろんできるので用途に応じて使い分けましょう。


posted by Seesaa京都スタッフ at 20:50| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

Objective-CでCSVデータを扱う

田中です。

CSVデータの読み込みを行うのにライブラリを探していたところ、以下のライブラリが便利そうでした。

CHCSVParser

使い方

#import "CHCSVParser.h"

@interface ViewController ()
<
  CHCSVParserDelegate
>

@property (nonatomic) NSMutableArray *rows;
@property (nonatomic) NSMutableArray *columns;

@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];

    NSString *fileName = @"sample";
    NSBundle *bundle = [NSBundle mainBundle];
    NSString *path = [bundle pathForResource:fileName ofType:@"csv"];
    NSURL *url = [NSURL fileURLWithPath:path];
    
    CHCSVParser *parser = [[CHCSVParser alloc] initWithContentsOfDelimitedURL:url delimiter:','];
    parser.delegate = self;

    // 出力にダブルクォートのエスケープ無し
    parser.sanitizesFields = YES;

    // パース開始
    [parser parse];
}

#pragma mark - CHCParserDelegate methods


// パース開始
- (void)parserDidBeginDocument:(CHCSVParser *)parser
{
    self.rows = [NSMutableArray new];
}

// パース完了
- (void)parserDidEndDocument:(CHCSVParser *)parser
{
    // 完了時の処理
}

// パースエラー
- (void)parser:(CHCSVParser *)parser didFailWithError:(NSError *)error
{

}

// 列の読み込み開始
- (void)parser:(CHCSVParser *)parser didBeginLine:(NSUInteger)recordNumber
{
    self.columns = [NSMutableArray new];
}

// フィールドの値読み込み
- (void)parser:(CHCSVParser *)parser didReadField:(NSString *)field atIndex:(NSInteger)fieldIndex
{
    [self.columns addObject:field];
}

// 列の読み込み終了
- (void)parser:(CHCSVParser *)parser didEndLine:(NSUInteger)lineNumber
{
    [self.rows addObject:self.columns];

    self.columns = nil;
}

@end


CSVデータを扱う場合、カンマと改行に気をつけてデータの読み込みを行えばいいですが、値の中にカンマや改行された文やダブルクォートなどがある場合、何も考えずに読み込むとそれらがエスケープされていたりカンマの読み込み位置が間違ったりしてしまいます。
その辺りすべて面倒見てくれるので便利でしたが、値の保持などは自分で作業しないといけないのが少し手間なので自分で管理クラスを作成した方が後々楽そうです。
posted by Seesaa京都スタッフ at 19:13| Comment(0) | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする